株式会社T.S.D.

T.S.D.は小型・高トルク・静音性の高い超音波モータとその応用製品の販売と
低コストで高品質な製造技術を提供し、お客様の製品開発をサポートします。

製品紹介

ご利用ガイド

小型機能基板:パネルdeボードとは

 電子回路に関する特別な知識がなくても、プロが設計した回路を 「基板単体」、「部品実装済み完成基板」として購入することができる P板.com社が提供しているサービスです。P板.com社のwebページ ではこれら各種基板(モジュール)のCADデータをダウンロードし、 お客様が設計している基板に組み込むことも可能です。

T.S.D.はP板.com社から各種基板(モジュール)を直接購入し、お客様 に提供しております。

パネルdeボードの特徴

パネルdeボードの各種基板(モジュール)は以下のような特徴を持っています。

1. アナログIC の特性を活かす基板設計、
2. 各基板のGND が容易に共通化できる特殊な基板仕様
3. 各基板を組み合わせて大きな回路を構成できる
  (ネル同士は2.54mmピッチのピンヘッダで接続可能)
4. 汎用フラットパッケージ・汎用ユニバーサル基板で任意のICを簡単に実験できる

お客様は大まかな回路構成を考えて、モジュールを選択し、提供されていない回路のみを設計すればよいため、お客様の基板を簡単・スピーディーに完成させることができます。

パネルdeボードを利用するメリット

オリジナル基板を作るときは 1.「回路の検討」 2.「回路の設計」 3.「部品の選定」 4.「パターンの設計」  5.「ガーバーデータの作成」 6.「基板注文」というステップが必要です。
回路の検討や設計では電子回路の詳しい知識が必要になりますし、パターン設計ではCAD を扱う必要 があります。また初めて作った基板は「十分な動作検証」も必要です
 パネルde ボードなら1.「おおまかな回路の検討」 2.「必要なモジュールを選んで注文」するだけで プロが設計した基板がお手元に届きます。
注文時に部品実装済み完成基板を依頼していれば、届いた基板をすぐに実験することができます。

パネルdeボードを利用することでお客様はCAD設計、ガーバーデータ作成、部品手配、回路の検証時間の短縮・省略ができるため、時間とコストの節約できることが大きなメリットです。

パネルdeボードの利用例

 各種基板(モジュール)は単一または複数の機能(回路)を実現しており、複数の基板を組み合わせることで大きな回路が構成できます。

 パネルde ボードとして、すぐに利用可能な電源回路をはじめ、各種センサや発振回路、信号の増幅回路、信号の入出力回路、PIC やATmega・H8 などのマイコンボードなど50 種以上が用意されています。 さらに、フラットパッケージIC やDIP 形状部品を使った自由設計を行うための汎用IC モジュールを60 種以上用意されています。

 基板同士をケーブルで半田付けする前に、ブレッドボードを利用して基板同士を簡易的に接続して実験をスピーディーに進めることもできます。