株式会社T.S.D.

T.S.D.は小型・高トルク・静音性の高い超音波モータとその応用製品の販売と
低コストで高品質な製造技術を提供し、お客様の製品開発をサポートします。

お知らせ
この度、株式会社T.S.D.は、会社を解散することになりました。
現在、清算手続き中となっており、平成29年12月末日に、このホームページも終了させていただきます。
従いまして、新規のお問合せ、ご注文等は、ご遠慮いただきたく、存じます。
これまで、ご愛顧頂き、ありがとうございました。

製品紹介

ご利用ガイド

ギアード超音波モータ:USR-HGシリーズ

USR-HGシリーズ(以下、本モータ)は超音波モータとバックラッシュレスの減速機を組み合わせたギアード超音波モータの総称です。本モータは超音波モータが持つ静粛性、静止時に高保持 トルクを有すという特徴を損なうことなく、出力トルクを増幅させることに成功しました。
用途により選択できる製品として,新生工業製超音波モータ:USR30シリーズを搭載し、小型・軽量でありながら最大トルク5.0[N・m]を発揮するUSR30-HGシリーズと同社製USR60シリーズを搭載し、 重量を690[g]と迎えながら、最大トルク20[N・m]を発揮するUSR60-HGシリーズを用意しています。
速度や位置制御のためのエンコーダを超音波モータ側に搭載し、出力側ではギア比分の精度が向上するため、速度変動の少ない駆動や徴細な位置・角度の制御が可能です。        

ギアードモータUSR30-HG、USR60-HG

特徴

本モータは減速機を搭載しながら静粛性に優れ、バックラッシュレスの位置決めが可能であるため、静音性が求められる環境で利用するロボットのアクチュエータやカメラのジンバルのモータ として最適です。ギア比の選択だけでなく、装置への取付け方法に応じて出力形状をシャフトタイプと自由な取付けが可能なフランジタイプを選択でき USR30-HGシリーズ、 位置決め精度や制御システムに応じてエンコーダの分解能を選択可能です。
本モータは非制御時や非通電時において、保持トルクで姿勢を維持できるため、制御モータ数の減少によるアルゴリズムの簡略化や電源OFFによる全システムの省電力化への貢献が期待できます  

ロボットアムへの利用例

本モータの特徴:

◎静粛性に優れ、高い位置決め精度
最高分解能0.0005[度](*ER-HG50*)
◎移動時の最大トルク
5[Nm](USR30*-HG50*)
20[Nm](USR60*-HG50*)
◎静止時、非通電時の最大保持力
12[Nm](USR30*-HG50*)
30[Nm](USR60*-HG50*)
◎トルク重量比に優れる
20[Nm/Kg](USR30ET-HG50F)
29[Nm/Kg](USR60ET-HG50F)
 

仕様 

形式USR30S-HG30F USR30E-HG50SUSR60S-HG30FUSR60ET-HG50F
駆動週波数47[KHz] ~ 52[KHz]40[KHz] ~ 45[KHz]
駆動電圧110[Vrms]130[Vrms]
定格回転数9[rpm]5.5[rpm]4[rpm]2.5[rpm]
最大回転数12[rpm]7[rpm]6.5[rpm]4[rpm]
定格トルク1.5[N・m]2.5[N・m]7[N・m]12[N・m]
最大トルク3.0[N・m]5.0[N・m]10[N・m]20[N・m]
静止時保持トルク7.0[N・m]12[N・m]15[N・m]30[N・m]
回転方向と応答性CW,CCW,応答性1[ms]以下(慣性負荷なし)
使用温度範囲10[°C] ~ +55[°C]
耐久時間2000[Hours]1500[Hours]
サイズ(W×D×H)56×41×47[mm]100×41×47[mm]70×86×86[mm]88×86×86[mm]
質量230[g]270[g]670[g]690[g]
エンコーダ分解能_500[p/r]_1000[p/r]
備考フランジタイプ、シャフトタイプ、ギア比、エンコーダ分解能は選択可能
       

USR30E-HG50S

*1型番の「USR30S-」や「USR60E-」はモータのサイズとエンコーダの有無および
分解能を表します

*2型番の「-HG30S」や「-HG50F」はギア比と先端形状(シャフトorフランジ)を表します(USR60はフランジタイプのみ)

USR60ET-HG50F